いつかこの手に・・・

  ―― カメラと私のキオクのキロク ――

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


        太陽の顔


                                                              * AGFA VISTA 400 *







なんのことかって、そりゃあ・・・




        太陽の塔


この太陽の塔のお顔です。
この太陽の塔は50分の1の縮尺ですが
1枚目の太陽の塔の「黄金の顔」は大阪万博開催から
1992年まで設置されていた、紛れもない本物。
江戸東京博物館で開催されていた
「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」にちなみ
展示されていたので見に行ってきました。(現在は終了)

タワー大好き人間としてはほんとに興味深い企画展でした。
「黄金の顔」は企画展とは別に常設展の方に展示されていた
のですが、やっぱりでかい!こうして上からでないと全体は
見れないし、顔が湾曲しているので下からでは背伸びをして
なんとか顔の中を覗き込める程度。でも腐食を間近にし
経てきた時代を感じ取ることができました。
う~ん、私もこの時代に生まれていたかった!
今回の企画展では様々なタワーを見る度その思いでいっぱいでした。



さてさて、なぜだか5月は美術館、博物館に縁がありました。
芸術の春?そんなものが自分のとこにも珍しく訪れたようです。




        藤子・F・不二雄ミュージアム


念願の「藤子・F・不二雄ミュージアム」
ようやく訪れることができました。
チケットは事前に購入しておかなくちゃいけないし
駅からは少し離れてるし、駐車場はない。(駐輪場はある!)
行くのに何かと面倒なのに、平日でも人がいっぱいでした。

自分の知らない漫画もあったけど、音声ガイドもあって
それなりに楽しめるようになってます。
見づらい写真↑ですが、このドラえもんのそばで漫画も
いくつか読んできました。
ただご飯メニューが少ないのが難点。
次行く事があったとしても、もうここでご飯は食べないな。




川崎市岡本太郎美術館


藤子ミュージアムの後はそこから程近い
「川崎市岡本太郎美術館」へ。
ここも前々から行ってみたかった場所。
この日はチャリンコでハシゴしました。
芸術の小難しいことは分かりませんが
やっぱり岡本太郎は好き。天才。

でも知らない作品のが圧倒的に多くて
この日もいくつかのお気に入りができました。
特にこの写真の右下に写ってる黄色っぽい頬杖をついた
「午後の日」というタイトルの作品。
私の中で太陽の塔を超えたかも・・・!
見ているととても幸せな気持ちになれるのです。
青山(記念館)も行かなきゃな、と思ってる今日この頃です。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://motimotio3.blog66.fc2.com/tb.php/687-a3d65f0c

もちお

Author:もちお
東京在住
もち男と2人暮らし♪
一応家計をあずかる身の自由人☆

思いつくまま、気の向くまま撮った写真を紹介しています。デジタルのよさ、フィルムのよさ、それぞれの個性をいかした写真を撮っていけたらと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。